症例と自然形体療法施術内容を紹介 | 膝の痛み 肩こりには超整体 自然形体療法 総本部

バレーボール中に足を踏まれる

掲載日:2013年04月02日

 

受診者の情報

年齢・・・・・・・・・・小学5年生

性別・・・・・・・・・・女子

スポーツ ・・・・・・・・ バレーボール部

 

症状Condition

今日の試合中に足を踏まれて外くるぶしの上辺りを傷める。

押さえると痛み。

足首を動かすと痛み。

しゃがむ動作やジャンプで痛み。

歩行はOK。

腫れは無し。

傷め方ははっきりと覚えていないよう。

チームの人数が少なく、傷めた後も試合に出場。

来週に試合があるのでそれまでにどうにかしたい。

 

施術内容と結果Operation and a result

私「多分今日で痛みは取れると思います。」

お母様「ええっ!!!」

油断は禁物であるが、見た感じそんなに重症では無さそう。

まずは押さえての痛みを取っていく。

「押さえてどう?」

「大分マシです。」

「一回しゃがんでみて。」

「あんまり痛くない。」

押さえての痛みをゼロにして再度しゃがんでもらう。

「痛くない。」

ジャンプしてもらう。

「痛くない。」

思いっ切り跳んでもらう。

「痛くない。」

お母様「えー!いや~痛みが取れるこの瞬間というのは本当に…。」

それよりもその後の施術が厄介。

くすぐったい箇所があちこちに。

足、腰、肩周り、くすぐった過ぎて足をジタバタ。

お母様「足完全に大丈夫やな。」

足首はぐるぐる回っているが本人は何ともない。

こっちの方が重症…。

「明日からサッカーの練習なんですが…。」

「恐らく大丈夫でしょう。」

 

施術者Operator

ホームページへ

きむら自然形体院
木村 竜一