症例と自然形体療法施術内容を紹介 | 膝の痛み 肩こりには超整体 自然形体療法 総本部

捻挫 バレーボール

掲載日:2014年04月02日

 

受診者の情報

年齢・・・・・・・・・・高校2年生

性別・・・・・・・・・・男子

バレーボール部

 

症状Condition

2日前に選手の足の上に着地をして捻挫をした。

今日やっと歩き始めた。

どのように捻ったかは曖昧だった。

痛いのは外くるぶしの下辺りでした。

内反、外反ともに痛く、屈伸も出来ない状態でした。

それと体重負荷が痛い。

腫れはほとんど解らない状態でした。

 

施術内容と結果Operation and a result

施術を開始。

まずふくらはぎの緊張を取ることから始め、足関節のズレを正常にする。

すると屈伸ができるようになった。

それができるようになると次は屈伸の最終段階で痛みが出た。

それには脛骨も関係していて、そのズレも正常にする。

また、筋肉や靱帯も正常にする。

アキレス腱周囲の硬さがなかなか取れなかったがほとんど良くなった。

最終的に全て痛みは取れた。

ジャンプもOK。

念の為足首を固定するようなもの(名前は忘れました)を付けて少しの間練習をするそう。

本当はしない方が良いですが、5日後に総体があるので絶対に怪我はできませんからしょうがないです。

普段から付けていると筋肉や靱帯が弱ってしまい、組織も縮んでしまいます。

 

施術者Operator

ホームページへ

きむら自然形体院
木村 竜一