症例と自然形体療法施術内容を紹介 | 膝の痛み 肩こりには超整体 自然形体療法 総本部

捻挫 サッカー部

掲載日:2014年04月02日

 

受診者の情報

年齢・・・・・・・・・・高校2年生

性別・・・・・・・・・・男子

サッカー部

 

症状Condition

以前に半月板損傷で来院。

膝の痛みはもう無い。

今日は捻挫をしたとの事で来院された。

昨日の試合中に相手に蹴られて転倒し傷めたらしい。

何と救急車で運ばれたそうだ。

病院では靱帯を損傷しているかもという診断。

骨の異常は無かった。

ちなみに明日が四国総体の決勝戦だ。

傷めたのは外側で、内反するように捻挫した。

外くるぶしが腫れており、痛みも外くるぶし周囲にある。

内側は蹴られたことによる打撲の痛みがある。

いざ触診。

昨日来た捻挫の子の方が酷いなぁと感じた。

救急車で運ばれた割には軽症?

 

施術内容と結果Operation and a result

右足首の施術に入る。

早い段階で改善が見られたので、「多分明日大丈夫ですよ。」と言った。

ご両親はビックリしていた。

それもそうだろう。

今日の朝も歩くのに一苦労だったのだ。

本人も松葉杖が必要と訴えていたぐらいだ。

内反の痛みが厄介であったが、靱帯の問題を解消するとOKになった。

外で走ってもらう。

今度は内側の打撲の痛みが残った。

外側も少しだけ痛みが出た。

再び施術をして走ってもらう。

痛みは完全に取れた。

ダッシュ、ジャンプもOKである。

後は肘の痛みと首の痛み(試合で傷めていた)を取った。

明日は監督さんが出場させてくれるかどうかは解らないが、本人は出場する気満々であった。

今日は普通に過ごして、しっかりお風呂に入って睡眠を取るように伝えた。

明日起きるともっと良くなっているはずです。

「先生明日付いてきて下さい。」

「先生みたいな人がチームにいれば…」

とお母様から言われたが、本当に時間見つけてやってみたいなーと思いました。

前も言われた事があるので、ちょっと考えてみたいと思います。

何はともあれ明日は彼の改善振りに周囲の人は驚くんじゃないかな…。

 

施術者Operator

ホームページへ

きむら自然形体院
木村 竜一